OKASODACHI

陸上養殖で育てられた千葉県産生サーモン、「おかそだち」。
抗生物質不使用かつASC認証取得済のサステナブルな養殖方法で地球にも優しいサーモンです。
“国産・生”サーモンならではの鮮度感をお楽しみ下さい。
// 千葉県産、陸上養殖生サーモン  公式通販サイトへ進む
おかそだちトップスライド背景 おかそだちロゴ  公式通販サイトへ進む // 千葉県産、陸上養殖生サーモン 陸上養殖で育てられた千葉県産生サーモン、「おかそだち」。
抗生物質不使用かつASC認証取得済のサステナブルな養殖方法で地球にも優しいサーモンです。
“国産・生”サーモンならではの鮮度感をお楽しみ下さい。
おかそだちトップスライド背景 // 千葉県産、陸上養殖生サーモン OKASODACHI 陸上養殖で育てられた千葉県産生サーモン、「おかそだち」。
抗生物質不使用かつASC認証取得済のサステナブルな養殖方法で地球にも優しいサーモンです。
“国産・生”サーモンならではの鮮度感をお楽しみ下さい。
 公式通販サイトへ進む
おかそだちロゴ
// about logo

人間社会と自然環境の両立。

おかそだちロゴ

伸び続ける人口、増え続ける水産物消費。
その負担を海に、そして次世代の若者たちに
背負わせ続けてよいのでしょうか。

次世代においしい魚と、美しい自然を残すために。
海に依存しない陸上養殖が必要だと考えます。

人間社会と自然環境を表す円が重なり合い、真ん中に浮かび上がる魚のシルエット。

「おかそだち」は人間社会と自然環境の両立を、
魚という切り口から実現します。

// about okasodachi

消費地までみなぎる
鮮度感。

一度も冷凍されていない生サーモン

「おかそだち」が養殖されているのは千葉県木更津市。

東京まで車でわずか1時間の場所です。
この場所だからお届けできる生の鮮度感があります。

一度も冷凍されていない生サーモンならではの、
凝縮された旨味と抜群の鮮度感をお楽しみください。

動画で見るおかそだちサーモン
一度も冷凍されていない生サーモン
年中無休の国産生サーモン
// about okasodachi

年中無休の、
国産生サーモン。

年中無休の国産生サーモン

「おかそだち」に季節は関係ありません。

水温を15℃以下に保った冷たい人工海水を循環させて一年中サーモンに適した環境を維持しています。

毎日が旬の生サーモン。年間通してお楽しみ下さい。

// about okasodachi

「最高の味」を
日々更新中。

一度も冷凍されていない生サーモン

「おかそだち」は人工海水をほぼ100%循環させた”閉鎖循環式陸上養殖”で育ちました。外界の影響を全く受けないため、水温・水質・餌など全ての飼育条件を緻密に管理することができます。

今まで様々な飼育環境で養殖実験し、味覚試験を行ってきました。そしてこれからも味・脂乗り・食感にこだわり続けます。

進化し続ける「おかそだち」の旨味をぜひご賞味下さい。

一度も冷凍されていない生サーモン
// feature of okasodachi

おかそだちサーモンの特徴

海水からの魚病侵入リスクが無い背景

抗生物質不使用。

「おかそだち」は海水を一切使わず、 人工海水をほぼ100%循環させた陸上養殖システムで育てています。

細菌感染を予防するための抗生物質を使用する必要がありません。

排水ゼロで地球に優しい。

一般的にサーモンは海面養殖で育てられますが、海の自浄作用を超えた規模になると、糞や餌の影響で海が汚染されてしまいます。

「おかそだち」は独自のろ過システムで人工海水をほぼ100%循環させて養殖されているため、海や川への排水がありません。

海を汚さない、地球に優しいサステナブルなサーモンです。

※ASC認証取得済。
ASC認証は環境と社会への影響を最小限にして育てられた養殖の水産物の証です。

陸上養殖プラント

「いつでもどこでも」を 可能にする、未来の養殖の形。

世界的な人口増加により水産物需要は増え続けていますが、天然魚の漁獲量は伸び悩んでおり、養殖による漁獲量も養殖適地の減少や海水温上昇等により限界が近いと言われています。

「おかそだち」は海や川を必要としないため、海から遠く離れた内陸部でも養殖できます。また自然や災害の影響を受けないため、台風や津波、病原菌の蔓延にも左右されません。

いつでもどこでも養殖できる「おかそだち」は、私達が美味しい魚を食べ続けるための未来を担う存在でもあります。

// our technology

水産業のポテンシャルを解放する養殖技術。

独自のろ過システムで人工海水をほぼ100%循環させる技術、”閉鎖循環式陸上養殖”は「地球に優しい」以外にもう一つ大きな利点があります。

それが「あらゆる水環境を再現できる」ことです。

外界からの影響を一切受けないデータが得られるため、研究開発にはうってつけの環境です。

既に新しい餌の開発、今まで養殖されてこなかった魚種の養殖実験、養殖現場へのIoTの導入試験など、様々な研究開発が行われており、”閉鎖循環式陸上養殖”は水産業界をさらに進化させる存在と言えます。